わきがは性格を変えてしまうことがあるほどのもの

わきがというのは、あくまで感覚でとらえられるために、はっきりとこの人はわきがだ、この人は大丈夫と区別することはできません。

またわきの臭いは、その日の食べ物や体調、気温などの影響を受けるために、日によって臭いが異なることもあるのですね。しかし一回自分がわきがかな?と思ったら、どんどん気になっていきます。

わきがは感覚で感じるために、自分の匂いは大丈夫?人に迷惑をかけていない?と心配になることもあるのですね。それは時にその人の性格を変えてしまうことがあるほど。今回は、そんなわきがと性格の関係をご紹介します。

わきがの人は神経質?

現在は、自分の体臭などをコントロールすることも社会人のマナーとして重要なことです。そのため体を清潔にしたり、衣服は清潔なものを身に着けるなど気を付けている人がほとんどですね。

しかしその中にもわきが体質の人はいるはず。わきがの人は体質的なものであるために、気を付けていてもわきがの臭いが出てしまうことも。自分がちょっとでもわきがではないかなと思った時は、人が思っている以上に神経質になりますし、よりデオドラントなど神経質になってしまうことが多いのです。

わきがの人は、引っ込み思案になりやすい?

わきがの人は、自分の臭いが人に迷惑をかけていないか?ということを気にしています。また自分がわきがだと知られたくないと思っています。そのため夕方になって、一日の疲れが出て汗もかいていることには人に会いたくない、近づきたくないと思ってしまう人も。

また自分の周りの人が自分から離れるようなしぐさをしたら、もしかして自分のせい?と考えて、遠慮したり、話かけづらかったりすることもあるのですね。その結果、人に気を使うあまり、一定の距離を置いたり、引っ込み思案になってしまうこともあるのです。

まとめ

わきがは体質ですが、その体質を気にするあまり、明るい性格から引っ込み思案へ性格が変わることもあります。それほどわきがは、身体的にも精神的にも大きな影響を与えることなのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ