炭水化物ダイエットは体臭が発生する可能性がある

炭水化物を食べることによって、ブドウ糖が増え、血糖値が上がり、膵臓から血糖値を下げるためにインスリンというホルモンが発生します。

それによって、ブドウ糖が脂肪細胞に取り込まれることで、中性脂肪となって体内に蓄積されます。

中性脂肪となり体内に蓄積され、飢餓状態の際に使われますが、現代において飢餓状態になることは少ないため使用されることは少ないです。炭水化物を抜くことによって、血糖値の上昇が抑えられて、インスリンの分泌量を減らすことができ、中性脂肪が蓄積されることを防ぎます。

このダイエットには体臭が発生する可能性があります。この体臭の原因というのは、体外へ排出されるケトン体という物質が原因です。

ケトン体の働きは、不足している炭水化物の代わりに脳や筋肉を動かすためのエネルギー源となるものですが、ケトン体を発生させるために脂肪酸という物質が元となり、脂肪酸が多量に分泌、分解されてはいz出されたケトン体からは、強い臭いが発生してしまいます。

このダイエットにより体臭が発生するまでには段階があり、最初の段階では、フルーティーな臭いがして、次に汗臭さのような臭いが発生します。

本来は炭水化物で得なければいけないエネルギーを資質やたんぱく質で得ることになるため、中性脂肪がエネルギーの代わりとなり、中性脂肪が燃焼することによって、脂肪の臭いが出てきてしまいます。

さらにそのダイエット方法を続けることで、体内のエネルギーが不完全燃焼をし、乳酸を発生させ、アンモニア臭が排出されることになります。最後に、甘酸っぱい強烈な体臭を発生させます。それがケトン臭という臭いを発生させてしまう原因となります。
この臭いの強さは人によって違いがあります。さらに、自分で臭いに気づくことができないということもやっかいな点です。自分から発生している臭いというものに対しては人間は鈍感のため、ほとんどの場合は他人からいわれて気づくことが多いです。
さらに、口臭にも影響します。口臭の原因となるのは、口の中ではなく、肺からの臭いです。それは、ケトン体が血液中に多く含まれて、体中に流れており、肺は血液に酸素を取り入れなければいけないという、血液に対して重要な役割をしているため、ケトン体の影響を受けることになります。体臭よりも口臭として感じることが多いです。
また、体だけではなく尿からも甘酸っぱい臭いがするため、尿から判断することもできます。
炭水化物ダイエットにより、臭いが発生するということは、誤った認識によって行われたという結果です。きちんとした方法で行われれば、こういった危険性を減らすことができます。

まず、この方法でダイエットを行った場合、その栄養素自体を抜くということではなく、極力少なくするという方法です。危険性を少なくする方法とは、食事制限だけではなく、運動も一緒に行うことが大切です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ