筋トレを成功させるベストなスケジュール

これから筋肉トレーニングをしようと考えている皆さんに、今回は「ベストな筋トレスケジュール」にいてご説明します。

まず、本題に入る前に知っておかないといけない知識があります。それが、「筋肉の超回復」についてです。筋肉はただ筋トレをするだけで強くなる訳ではありません。筋トレをした直後の筋肉は、トレーニングで負荷をかけたことによって、筋肉の組織が破壊された状態になっています。

そして、人間には皮膚の傷を元に戻したり、風を治そうとするような、「自己治癒力」が備わっているために、傷つき破壊された筋肉を体は戻そうとするのです。ここで面白いのが、「回復した筋肉は元の状態よりも強くなる」ということ。

ただ元通りに回復するのではなく、回復した筋肉はさらに強くパワーアップするんです。これが冒頭に述べた「超回復」という現象です。もし、超回復を待たずに筋トレを続けてしまうと、筋肉は傷つきっぱなしで回復できずに強くなれないんですね。

なので、筋トレは毎日行う必要はなく、超回復する期間を空けてあげて、回復した後にまた筋トレを行えばドンドン強くなっていくということです。

では、その超回復の期間とは一体どれぐらいなのか?ということですが、一般的には、48時間~72時間(2日~3日)だと言われています。細かいことを言ってしまうと、全ての筋肉が同じ時間で回復するのではなく、小さな筋肉ほど回復が早く、大きな筋肉ほど回復は遅くなっているのですが、筋トレ初心者の方は大体2~3日空ければいいんだと思っていただければOKだと思います。

本題のベストな筋トレのスケジュールについてですが、私は上半身、下半身に筋トレをする部位をわけて、大よそ3日ほど開けるスケジュールで筋トレをすることをオススメします。部位を分ける理由としては、全身の筋トレを1度にするのは時間がかかりすぎてしまうのと、筋トレを定期的に行うことで習慣にしてしまうためです。

曜日別でいいますと、(月)上半身,(火)下半身,(水)休み,(木)上半身,(金)下半身,(土)休み,(日)休み。このようなスケジュールがバランスも良く、筋トレが続きやすいと思います。筋トレを成功させるためには、休みが大事なことを理解し、効率よく筋肉を強くしてくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ