便秘を改善するには運動と油分と乳酸菌

便秘に何年も、あるいは十数年も悩まされているという方は少なくないと思います。
便秘薬が手放せなくて自然に出る事は諦めている方もおられることでしょう。

それで、便秘を改善するためにできる幾つかの事をご紹介します。

適度な油分を摂る

カチカチの便を出す事は痔の原因にもなりますし、出すときも痛いです。
それを解消するためにある程度油分が必要になってきます。
そこでオススメなのが、オリーブオイルを毎日大さじ一杯摂取する事です。
普段からあまり揚げ物を食べない、という方は少し意識して質の良い油分を摂ることをオススメします。
フレッシュなエキストラバージンオリーブオイルであれば、サラダにかけたりフランスパンにかけたりと、手軽に摂取できます。
オリーブオイルでカチカチの便を柔らかくしましょう。

少食にならないように気をつける。

便秘の方で、ダイエット中の女性は多いと思います。
そもそも食べる量が少ないと、便秘になりやすくなります。
しっかりと食事を摂り、便の素を蓄えておきます。
この時サラダばかりたくさん食べていても便秘は改善しません。
サラダ=食物繊維、なので便秘解消!とはなかなかいきません。サラダから摂れる食物繊維はわずかで、そればかり食べていてもほとんど効果は期待できません。
それよりも炭水化物やタンパク質を摂る事をオススメします。
ご飯やお肉、卵などの食品をバランスよく食べる事が大事です。
便の量を増やす事により、便を押し出す力がある程度ついてくるので、出しやすくなります。

乳酸菌を摂取する。

便の固さを調節するのに最適な役割を果たしてくれる乳酸菌は、便秘解消にとても有効な食品といえます。
ヨーグルトや乳酸菌飲料を毎日摂るようにします。できるだけ多くの善玉菌を増やすために様々な種類の乳酸菌を摂取するのがオススメです。
ひどい便秘の方は、毎日ヨーグルト1個を食べても何の変化もない事でしょう。
便秘を解消するためには、ヨーグルトだけでなくチーズやキムチ、ぬか漬けなどの発酵食品も摂るようにします。
カチカチの便が柔らかく出しやすくなります。

腹筋を鍛える

便秘の方は腹筋が弱く、便を押し出す力が弱いです。
トイレでいきむ時に腹筋に力を入れていきめるように腹筋を強くしておくのも1つの方法です。

便秘は、少し食生活を見直したり運動をするだけで、改善したりするので日頃から注意してこれらの点を行う事をオススメします。
便秘は体内に溜まっている毒素のようなものなので、一刻も早く出せれるようになりたいですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ