わきがと脇汗を本気で止める!臭いのは嫌!

わきがと脇汗を本気で止めるために対策していきましょう!

臭いのはあなたも嫌でしょう?

制汗剤で対策するのも一つの手段です→クリアネオ

一般に、脇汗がひどくなることにはいろいろな原因が考えられています。例えば、ストレスなどが高じて自律神経が乱れ、それによって発汗が促されることがあります。

また極度の緊張から来る精神性の発汗もあれば、更年期でホルモンのバランスが崩れることによって生じる発汗もあります。しかし、これらの理由以外で起こる原因不明の脇汗もあります。それで、自分の脇汗の状態をよく観察して、例えば一日中脇の下からの汗が止まらないという人や、こうした状態が何か月も続いているといった人などは、病気の可能性もあるため、病院で診察してもらうことができるでしょう。

一般に、上述のような特別な原因が思い当たらないのにひどい脇汗が続いているような場合、原発性腋窩多汗症と呼ばれる病気を患っている可能性があります。この原発性腋窩多汗症とは、主に脇の下に集中する多汗症と言うことができます。一般的に言って、脇の下には非常に多くの汗腺があります。

普通、それらの汗腺から汗が出てくるわけですが、精神的な要素やストレスなどが重なって、より大量の汗を出す場合があります。基本的に言って、ワキガがアポクリン汗腺から出てくる臭いの強い汗によって起こる症状であるのに対して、このような病気の場合は、エクリン汗腺という普通の汗が出てくる汗腺の異常によって引き起こされるものです。

実際、日本においても原発性腋窩多汗症を患っている人は比較的多く、決して珍しい病気ではないのです。ある研究によれば、日本の国民全体の五パーセント以上の人々が、この種の多汗症にかかっているとさえ報告されています。
いったん、こうした病気になってしまうと、自分なりの方法ではなかなか症状を改善することができないでしょう。中には、汗や臭いが気になって人前に出たくなくなったり、勉強や仕事にも注意を集中できなくなったりする人もいます。

また、極度の緊張やストレスでさらに症状が悪化してしまったり、すぐにシャツや洋服に汗染みができてしまったりすることもあるものです。このように日常生活にも支障が出てしまうというわけです。それで、症状の悪化を防ぐためにも、少しおかしいと思ったら、早めに病院へ行って診察を受けることが勧められています。

実際に、病院ではいろいろな治療法が提供されています。例えば、症状が初期であれば基本的には塗り薬が処方されます。また、ボツリヌス菌を脇の下に注射するという治療法や、汗腺の働きを抑える飲み薬も用いられています。

こうした方法でも症状が改善されないようであれば、手術が行なわれることでしょう。病院で行なわれている手術にも幾つかの種類があります。例えば、脇の下の皮膚に少し切り込みを入れ、そこから汗腺を吸引する方法や、汗腺をはさみなどで切り取る方法、さらには皮膚の裏側を切り取ってしまうといった方法もあります。

いずれにしても、原因が分からない脇汗に悩まされているのであれば、病気の可能性があるため、病院へ行くことができるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ